洋画史上1位!「パイレーツ〜」公開から3日で興収19億円超

映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」(ゴア・ヴァービンスキー監督)が、日本公開初日から3日間の興行収入で19億3869万7200円を記録。
「ハリー・ポッターと秘密の部屋」(2002年)の約18億8500万円を破り、洋画史上1位の記録を作った。

プロデューサーのジェリー・ブラッカイマー(61)はサンケイスポーツに特別メッセージをよせ、「僕は自分の好きな映画だけを作っているが、日本の皆さんはいつも受け入れてくれて、大成功させてもらっている」と日本のファンに感謝。
「才能ある人には、ぜひオーディションに来てもらいたい」と、今後の日本人俳優の起用にも意欲を示した。
5月29日8時1分配信 サンケイスポーツ



この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。