山田孝之、長澤まさみの背後に隠れて「ホッ」……!?

2日、TOHOシネマズ 六本木ヒルズで、初日を迎えた話題作『そのときは彼によろしく』の舞台あいさつが行われ、主演の長澤まさみ山田孝之、塚本高史らが観客の前に姿を現した。

普段、映画やテレビドラマで、堂々たる演技を披露し、その存在感をアピールしている山田孝之だが、いざ、舞台あいさつとなると、途端に引っ込み思案になり、「注目されたくない」オーラを出すことは、ファンやマスコミの間では有名だ。
もちろん、この日の山田もテンションは明らかに低め。さらに、翌日の6月3日に20才になる長澤まさみにばかり注目が集まることをいいことに(?)、長澤背後に隠れて、あまり目立たないよう努力する様子がうかがえた。

一方、10代最後の作品が初日を迎えたとあって、感慨深げな長澤は「数日前、ハタチになるのが嫌で泣きました」と複雑な心境を告白。
しかし、「クイッ、クイッとやりたい」とお酒を飲むしぐさを見せ、成人する楽しみについても明かした。
映画の鍵となるプリズムをかたどった特製ケーキが運ばれると、大喜びでロウソクの火を吹き消し、ファンからの祝福を浴びていた長澤まさみ
今後、大人の女優として、ますます輝きを増しそうだ。

『そのときは彼によろしく』は絶賛公開中。
『そのときは彼によろしく』オフィシャルサイト
http://www.sonokare.com/
6月4日11時45分配信 シネマトゥデイ

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。