山下智久が念願の銀幕デビュー

山下智久(22)が連続ドラマ初主演作の映画化「クロサギ」でスクリーンデビューすることが6日、分かった。

ドラマは昨年4月からTBS系で放送され、同時期の連続ドラマの中で首位の平均視聴率15・7%を記録。続編放送を希望する声も数多く、映画化が決まった。
山下は映画初挑戦で主演を務める。デビュー当時から映画出演を希望しており「気合を入れて頑張ります」と話している。
 
山下は「願っていた映画出演がこのドラマでかなうなんて縁を感じます」。主人公は詐欺師を狙う詐欺師という異色の設定。
ドラマでは毎回、個性的な詐欺師たちを相手にした頭脳戦で勝利していく。同ドラマに続き映画も手掛ける伊与田英徳プロデューサーは「ドラマ放送時よりも目の力が強くなっており、映画ではよりいっそう魅力的に映ると思います」と期待している。
 
映画では、ドラマにも登場し、主人公が父親の敵として憎みながらも身近に感じてしまう山崎努(70)演じる詐欺業界の黒幕との対決を描く。
メガホンはドラマを手掛けた石井康晴監督がとる。撮影は今秋行われ、東宝配給で来春公開予定。
6月7日9時34分配信 日刊スポーツ


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。