24時間テレビに黒木瞳、新庄剛志、タカトシ

今年で30回目を迎える日本テレビ系『24時間テレビ 愛は地球を救う』(8月18日(土)〜19日(日)生放送)の制作発表記者会見が6月7日(木)に行われ、チャリティパーソナリティーに黒木瞳新庄剛志、番組パーソナリティーをタカアンドトシが務めることが発表された。

出演者の写真など会見の様子はこちら
 
新庄は「24時間テレビは1番出たかった番組。自慢の笑顔と勇気、白い歯を見せていきたい!(笑)」と冗談を交えながら挨拶。
黒木は「テレビの世界に長く携わった人間として、こういう所でお役に立てるのは嬉しい」と感慨深く語った。
タカアンドトシトシは「ドッキリなんじゃないかと思ったけど、一生懸命頑張りたい」と話した。

そして、メインパーソナリティーを務めるタッキー&翼の滝沢秀明は「生まれる前からあった番組。30回目という節目に参加できて嬉しい」。今井翼は「先日の地方ロケで人生の深みを感じることができた。それを伝えられたら」と熱い想いを語った。

そして、番組史上最高齢でチャリティマラソン・ランナーとして走る萩本欽一は「“66歳でも頑張れる”という言葉にチャレンジします!」とコメントし、今年の『24時間テレビ』を盛り上げることを誓った。

また、会見では“チャリTシャツ”がお披露目された。
今年は、若者に人気のブランド「A BATHING APE(R)」プロデューサーNIGOによるデザインで、黄色と赤の2色となる。
6月7日13時27分配信 オリコン

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。